天滝

〒667-0322 兵庫県養父市大屋町筏

兵庫県下落差No.1 98mを誇る天滝


兵庫県下落差No.1を誇る『天滝』は駐車場から、渓流沿いの登山道を約1.2km(片道約45分)登った先にあります。天から降るかのように流れ落ちる滝は、落差98mもある名瀑です。この天滝は、「日本の滝100選」や 「森林浴の森100選」 、 「ひょうご森林浴場50選」 にも選定されています。また、天滝までの渓谷には、夫婦滝、鼓ヶ滝、糸滝などの滝群があり、さまざまな滝の姿を見せてくれます。

◆ 大自然へつながる天滝への入口

tendaki

駐車場に車を停め、滝へ向かい歩いて行くと大自然へつながる道が現れます。一度台風明けの日に行きましたが通行止めになっていた為、進むことが出来ずこの日はリベンジで訪れました。

◆ 大小さまざまな滝が出迎えてくれる

tendaki

道を進んで行くとすぐにいくつもの小さな滝が出迎えてくれます。さまざまな流れの滝があり、飽きることなく登山を楽しむことができます。

◆ 天滝までの険しい道のり

tendaki

奥に進むにつれて道は険しくなり、アップダウンの激しい道が続きます。所々で休憩をはさみながら先へ進んで行きます。

◆ 夫婦滝

tendaki

20分ほど歩いた先にあるのが「夫婦滝」。二つに分かれた滝が再び一つになることから名前が付けられたのでしょう。このあたりには休憩所もあるので座って少し休憩するのもいいかもしれません。

◆ 渓谷沿いを進む

tendaki

渓谷沿いの道からも自然を感じることができ、澄んだ空気の先へ進みます。天滝までもうあと少し…

◆ 赤い橋が見えれば天滝はすぐそこ

tendaki

赤い橋が見えてくれば天滝まではもうすぐ!ここから急な階段を上がれば見えてくるのですが、私はこの階段の途中で数回休憩しました(疲)

◆ 壮大な天滝が流れ落ちる

tendaki

約45分歩きようやく現れた壮大な天滝!!ゴツゴツした岩肌を流れ落ちるさまは圧倒的なパワーを感じます。

◆ 真下から見る大迫力の天滝

tendaki

岩のくぼみを進み滝近くまで行くことができるのですが少々危険。気を付けて進むとマイナスイオンをたっぷりと浴びることができました!(幸)

◆ 天滝駐車場満開の桜

tendaki

春の季節に訪れたこともあり、満開の桜とスカイブルーが日本の春を象徴しているようで素晴らしい景色を見ることができました。四季折々の顔を持った天滝でエネルギーチャージができました。

◆ 樽見の大桜

sakura

「樽見の大桜」が見ごろを迎えているということで訪れましたが、樹齢1000年以上とされるその桜は立っていることが不思議なくらい大きくさまざまな時代を生きた風情を感じました。

◆ 丹波でお蕎麦ランチ

soba

少し遅めのランチを丹波で食べました。結構前に訪れたこともあり、どこのお店かをはっきり覚えていません(悲)。この辺りはお蕎麦屋さんが多くあり、色々と訪れてみるのも良さそうです♪お蕎麦はまずまずの美味しさ。14時前ごろに訪れたこともあり、店内は空いていてすぐにお蕎麦が出てきました!